痛み痺れを根本解決!新潟県超整体自然形体丸山予防医術研究所 

身体を知り尽くしたりょうこ先生が、痛み・しびれ・浮腫み・可動不良の原因を追求。痛みを伴わない、安心・安全な自然形体療法で自然治癒力を超える回復力を引きだす。個別の再発防止法を指導。さらに関節の可動域を広げ、筋力を増強させ、運動能力を向上させる筋トレ・ストレッチ方法を指導。治療経験豊富なりょうこ先生があなたの健康をサポート。  

こんにちは。痛みを伴わない赤ちゃんからお年寄りまで安心安全な自然形体療法で元気を取り戻した方の報告です。

5eb80488.JPG

タクシーに乗ってきた患者さんが教えてくれた。

タクシーの運転手さんが、

「ここの先生は治すの上手だから、大丈夫。安心して任せて元気になってください。」と言ってくれたそうだ。

「それを聞いて、きっと治るんだと確信しました。」と、ニコニコしている患者さん。

私も嬉しい。「期待に応えて頑張ります。お任せください。」

ここのタクシー会社も福祉タクシーがあって、ホームヘルパー資格を持った運転手さんが多く、運転も丁寧で患者さんには評判がいいのだ。


5
ed21bae7.jpg








帯状疱疹、ヘルペスの痛みは激痛です。


看護師だったとき、病棟に居た患者さんは


麻薬の痛み止めが入った点滴を24時間して、

それでもまだ痛くて座薬を使っていました。


感染予防のため他の患者さんとは隔離されていました。


自然形体師になって5人の帯状疱疹の患者さんを治療しました。


一年前から臀部に帯状疱疹の痛みがあった人は、

2週間で完全に痛みが取れました。


痛みが強くて

医師から3時間おきに鎮痛剤の内服をと言われた人は、

その場で痛みが取れて、

それっきり薬を使わなくなりました。


背中に帯状疱疹が出来た人は

3日で完全に痛みが取れました。


右の腿の付け根に赤い発疹ができて

痒みと激痛があった人は、

治療後に発疹が薄くなり

痛みが2回目でなくなりました。


偶然に水泡が出来たその日が予約日だった方は、

痛みと痒みが出ないうちに治療しました。

放置していたら激痛になっていたことでしょう。


帯状疱疹は椎間板が潰れてあまりに痛いので、


脳が勘違いして火傷だと思って水膨れをつくり、

冷やそうとするのです。


なので体の歪みをとって、

椎間板の栄養交換を促してやれば、

水泡も痛みも痒みもなくなります。

 

16325984.JPG 私の母親 62歳 

連日の祖母ちゃんの看病で病院で寝泊りしている。

「もう、私のほうが先に逝ってしまいそうだ」

と、一時帰宅。

膝が痛い。体がだるい。眠れない。

全身浮腫んでいる。特に膝がブヨブヨ。

首が捩れて、首の筋肉がパンパンに張っている。

治療すると、「アー、生き返った。死にそうだった。」

「今晩ぐっすり寝てまた明日元気にばあちゃんの看病に行ける。」

「アー、良かった。二人で寝込まれたら大変だった。」

無理しないで頑張ってね。

今まで嫁姑バトルを繰り返していた母だが、仲直りしたみたい。

新潟県三条市一ノ門2−14−7

(有)丸山予防医術研究所

電話0256−33−6480

まつむらりょうこ

5a1c4df2.JPG

私の祖母 88歳 

喉頭癌 心臓弁膜症 直腸癌 膀胱癌

を患う。

何度も救急車に乗り病院の集中治療室へ運び込まれるが、持ち前の丈夫さで退院。

負けず嫌いで、強情で、働き者で、お喋りが好きで、孫や曾孫を「宝っ子」と呼び溺愛する。

祖母ちゃんの作る五目おこわや煮物は絶品。

祖父ちゃんがなくなってから25年。

毎日のように「早く祖父ちゃん迎えに来てくれないかなー」が口癖。 

先回は死んだ妹が「姉さんこっちはイイ所だよ、早くおいでよ」と夢の中で呼んでいた。

「船が来たから乗ろうと思ったら、財布の中にお金が無かった。これじゃあ船に乗れないと思ったら、目が覚めた。」

その前は近所の亡くなった人が迎えに来た。

「この稲を刈り上げてから行くよ。」といったら目が覚めた。

毎日私の母親と嫁姑の激しいバトルをしているのだが、入院前には母に「世話になったな。有難う。食べたいものをいっぱい食べてもう沢山だ。」と言ったそうだ。

何度も私達を置いて実家に帰った母だったが、今回の入院で一番元気が無いのは母だ。病院に付きっ切りで看病に行っている。

祖母ちゃんがぐっすり寝ていたかと思ったら、突然

「祖父ちゃんやっと迎えに来てくれたか。待ってたよ。有難う。」と祖母ちゃんは言った。

夢に祖父ちゃんが現れたようだ。

それからは祖母ちゃんは見舞いに来る人、ひとりずつ

「有難う。世話になったね。」と握手をしている。

見ていると目頭が熱くなってくる。

そっと見守った。

また奇跡的に退院するかも知れないが、そろそろ時期が来たのかもしれない。

でも、残された一日一日、いっぱい喋り、いっぱい笑い、いっぱい感謝している祖母ちゃんって輝いている。

私もそう生きたい。

祖母ちゃん、ありがとう。

 


50歳代 男性 会社役員
 
一ヶ月前から眠りが浅い。夜中に目が覚める。朝目が覚めない。
会社に行きたくない。気分がふさぎがち。やる気が出ない。
集中力が出ない。いつも疲れている。
 
病院へ行ったら男性の更年期障害と鬱病だといわれた。
薬を飲んでも変わりが無い。
 
せめて体の疲れだけでも取ってもらいたいと来院。
 
全身の筋肉がカチカチに硬直している。
会社でストレスがいっぱいあるそうだ。
猫背になっている。
背骨がグニャグニャに捩れている。
お腹の筋肉が板のように張っている。
お腹が空かない。
食べたいものが無い。
酒も飲みたくないそうだ。
背中の筋肉が張っているので呼吸が浅い。
最近溜息ばかり出るのだそうだ。
首の筋肉がブヨブヨに浮腫んでいる。
寝ても疲れが取れないそうだ。
 
治療すると治していった所の筋肉がフワフワに柔らかくなった。
体全体がつめたく冷えていたが、ポカポカ温かくなってきた。
背中とお腹の緊張が取れるとフワーっと
大きな深い呼吸が出来るようになった。
首の浮腫みが取れると
「あー、気持ちいい。こんなに体が軽いのは初めてだ。」
と、笑みがこぼれた。
 
治療二日目。
別人のように張りのある声で挨拶されたので
私のほうが吃驚した。
「昨日から会社へ行きました。
夜ぐっすり眠れるようになって、
朝パッと目が覚めました。
御飯が美味しいしお酒が美味しくなりました。
今迄なんだったんでしょうね。
ははは。」
 
「過度のストレスで緊張しすぎて、
疲れが溜まって、
背骨がグニャグニャになって、
寝ても疲れが取れなかったからです。
呼吸が浅かったので脳みそは酸欠を起こしていました。
これじゃあやる気も無くなります。
体の疲れが取れれば、元気も出ます。」
 
「そーなんだよね。
あっはっはー。
死んじゃうとこだったよ。
その前に来て良かった。
命拾いした。」
 
 

08f82ab0.JPG

77歳 女性 農業

3年前からの腰痛と膝の痛みがある。

腰を伸ばすと痛い。

膝を伸ばしても曲げても痛い。

初めて治療に来た時は、

携帯電話のように二つ折りになっていた。

歩くときに腿に手をついていないと歩けない。

治療台に横になるのもやっとこさ。

背骨が歪み、特に腰椎と仙骨が後ろにずれている。

仰向けに寝ると骨があたって痛いから、

何年も仰向けになたことが無かった。

膝の関節がずれている。

膝に水が溜まってブヨブヨしている。

治療で膝の水が消えた。

膝を伸ばせるようになったが、膝したの靭帯が伸びている。

膝下にさらしを巻いたら、ぴたりと痛みが取れて、

曲げ伸ばしが楽に出来るようになった。

両腿の筋肉の緊張が凄い。

腹筋の緊張も凄い。

緊張を取ると仰向けに寝られるようになった。

「あー、楽です。伸びました。嬉しいです。痛くないです。」

立ち上がると、反り返るように立っている。

「うわー、伸びました。」

一分も経たないうちに、腰が曲がってきた。

骨盤の靭帯が伸びていた。

骨盤に一反のさらしを巻いた。

「あれー、曲がりませんねー。あははは。」

3週間くらいさらしを巻いていてください。

 

問い合わせ・ご予約は

新潟県三条市一ノ門2−14−7

(有)丸山予防医術研究所

電話0256−33−6480

自然形体療法師 元看護師

松村綾子

47c34f20.JPG

 小学一年生 男子

夜中に蚊に刺されたところが赤く腫れて痒い。

首筋に出来たあせもが赤くなって痒い。

子「お母さん、痒い。」

母「家に帰ったら痒み止めの薬を塗ってあげるから我慢しなさい。」

子「えー、痒いよー。」

母「駄目掻いちゃ、血が出るよ。」

私「どれどれ、どこが痒いの?」

子「こことここ。」

私「あー、腫れてるね。痒そう。ちょっと待っててね。痒いの痒いの飛んで行けー。」

と言ってりょうこ先生は赤くなっている周りをサラサラと撫でたのである。

子「痒くなーい。」

私「じゃあここも。痒いの痒いの飛んで行けー。サラサラサラー。」

子「痒くなーい。」

母「えっ・・・・・、本当に痒くないの?赤みが取れている。んんんんー・・これでいいんですか?」

私「はい。虫の体液で痒くなるのでなくて、血の巡りの良い所と悪い所の境目が痒くなるので、赤くなった周りをサラサラと撫でていると血の巡りが均一化して痒みが取れます。虫に刺されたらすぐに撫でると腫れませんよ。やってみてください。」

母「えっ、はい、それだけで・・」

子「お母さん痒くないってば。ぼく蚊に刺されたらナデナデするよ。」

母「お母さんもやってみようかな。」


642bcd0d.JPG
7.13新潟豪雨のときに
堤防から300mの家に居た小学生。
堤防を越えた川水が坂道を滝のように流れ落ち家に向かって流れ込む様子を見た。怖いよーと泣きじゃくり、通っていた小学校へ避難した。
避難所で2昼夜過ごした。
幸い家は無事だった。
家に帰って夜になると「お母さん今日は雨降らないよね」と
窓を開けて確認してから床につく。
夜になると雨が心配で眠れない。
体を小さく丸めて顔を母親にくっつけないと眠れない。
夜中に何度か目を覚まして、「今雨降っていない?」と尋ねる。
「降ってないよ。大丈夫だよ。」と聞くとまた眠れる。
雨が降ると「私死んじゃうの?」と家族に尋ねる。
ニュースで近所の人が
濁流に巻き込まれ亡くなっていたのを見ていた。
「大丈夫だよ。死なないよ。もう大雨は降らないよ。」
と何度も家族は答えた。
 
被災後、2週間経って肋骨が痛くなった。
頭が痛い。眠れない。肩が痛い。眩暈がする。食欲が無い。
 
来院したときは、ぐったりしていた。
横を向いて体を丸めて緊張して寝ているので、
下になった方の肋骨が潰れるように歪んでいた。
肋骨周辺の筋肉が剥離を起こしていた。
全身に力が入って、カチカチに凝り固まっていた。
目の下にはクマができ、青い顔色だった。
 
治療中、寝息を立てて眠ってしまった彼女。
よほど怖かったのだろうが、やっと緊張が取れた。
母親は「こんな安らかな寝顔は久しぶりに見ました。」と
涙ぐんでいた。
しばらく寝ていた彼女は目を覚まし、
「あー、よーく寝た。痛くない。気持ちいいよ。」と言った。
 
数日後、「良く眠れるようになりました。いつもの御転婆な子に戻りました。」と親子そろって報告に来た。
 
恐怖を乗り越えたね。体が元気になれば、何とかなるよ。
 
 
 

15fc0e4a.jpg
高校生 男子
 
半年前から腰椎椎間板ヘルニアで、病院や整骨院、整体へ行った。
全然痛みが取れず、先月登校中に歩けなくなるほどの激痛が出た。
 
 歩くと激痛。
立っても激痛。
腰掛けても激痛。
寝ていても激痛。
足を伸ばしていても激痛。
いつもウンウン呻って痛みに耐えている。
夜中に痛くなる。
唯一横向きに寝たときだけ痛みが治まる。
 
そんな彼だが、日に日に良くなっていって、
足を伸ばして眠れるようになった。
3分位なら立っていられるようになった。
スタスタ歩けるようになった。
毎日飲んでいた痛み止めを、飲まずに済むようになった。
なんだか最近明るくなって、元気な時の息子に戻ったみたいですと
母親も嬉しそう。
 
「俺にも希望の光が見えてきた。もうひと頑張りするよ」
 
 皆さんも、応援よろしくお願いします。
 
 

06e0c447.JPG
自然形体療法は俺の求めていた治療だ。
 
これだとピーンときた。
 
いろいろな治療を体験したけれど、
本当にこれでいいと思った。
 
そう言われて、りょうこ先生感激!
 
思わず握手しました。
 
 
明後日から自然形体医術学会に参加します。
 
元気の素を沢山仕入れてきます。
 
そしてまた皆様に感動の嵐を御報告いたします。
 
待っててね。
 
写真はアップルパイ。私はこのしっとり感に感動した。
 

このページのトップヘ