70歳代 男性 農業


足が痺れる。


お尻から腿の裏、ふくらはぎ、


足の裏に痺れがあり、夏でも冷える。


脳梗塞をした頃から、足が痺れ始めた。


前屈時に腰が痛い。


脳外科で痺れを取る点滴をしたが


変化が無かった。


前屈をすると、お尻から腿の裏、


脹脛が突っ張り痛い。


アキレス腱が痛み痺れる。


整形外科では坐骨神経痛と言われた。


新潟県内のあらゆる病院や整骨院、


整体に行ったが変化が無かった。


友人の友人が丸山予防医術研究所で


坐骨神経痛が2回で治ったと聞いて、来院。


骨盤の歪み、


両足の筋肉の緊張、


腰椎の歪み、


背中の筋肉の緊張がある。


自然形体療法で治療。


骨盤と腰椎の歪みを解消すると、


「痺れと痛みが薄くなりました。


足を伸ばして寝ていると、


いつもビリビリ痺れて冷たかったのですが、


不思議です。」


背中の筋肉、足の筋肉の緊張を取る。


農作業で前屈して重たいものを持つ事が多い。


耕運機のシートは硬いので


機械の振動が腰に響くそうだ。


「足が温かくなりました。


前屈みで突っ張りません。


背中が軽い!


疲れが取れてスカッとしました。


腰が伸びて、背が高くなった。


視界が違いますね。」


後日、


「冬囲いをしましたが、


何も疲れなくて


おかしいなと思いました。


毎年冬囲いの後は


ぎっくり腰を出したりするのですが、


変です。


霰が降るほど冷えて来ましたが、


両足が温かです。


いつもこの時期はカイロを


足の裏に張り付けていました。


靴下が要らない位ポカポカしています。


若いころに戻った様です。」


「背骨の歪みが取れて、


筋肉の疲労が取れると


寝ているうちに


自分の力で回復させる事が出来ます。


身体が若返って良かったです。」








新潟県三条市一ノ門2−14−7

(有)丸山予防医術研究所

電話0256−33−6480

自然形体療法師

まつむら りょうこ