痛み痺れを根本解決!新潟県超整体自然形体丸山予防医術研究所 

身体を知り尽くしたりょうこ先生が、痛み・しびれ・浮腫み・可動不良の原因を追求。痛みを伴わない、安心・安全な自然形体療法で自然治癒力を超える回復力を引きだす。個別の再発防止法を指導。さらに関節の可動域を広げ、筋力を増強させ、運動能力を向上させる筋トレ・ストレッチ方法を指導。治療経験豊富なりょうこ先生があなたの健康をサポート。  

タグ:ジャンパーズニー

膝の痛みが取れた方の報告です.


中学生 男子 バレーボール


膝の皿の下が腫れている。

触ると痛い。

歩くと膝が痛い。

ジャンプをすると、飛び上がり時に痛い、着地時に痛い。

しゃがむ時に膝が痛い、


しゃがんで立ち上がる時に膝が痛い。

一年前から膝が痛かった。

県代表校のレギュラーなので、「痛い。」と言うと、

レギュラー落ちするから言えない。

毎日3〜4時間の厳しい練習がある。

週末は県外へ遠征試合。

運動がしたくて、その学校を選んだので、辞められない。

丸山予防医術研究所 へ。

全身の筋肉は硬くなり、猫背でヘトヘト。

よくここまで頑張ったものだ。

自然形体療法で治療する。

膝の皿の下の腫れが引いてくる。熱感も取れた。

触ると「痛くない。」

「え、本当なの。」母親が覗き込む。

歩いてみる。「痛くない。」

階段を昇る。「ここがもう少し痛い。」

今度は?「痛くない。」

走ってみて、「痛くない。」

「本当?さっきまで痛いって言っていたじゃない。」

「別に。」と、大きな欠伸。

後日、体育でサッカーの試合をしたら痛くなった。

大事な試合前だ。

試合中には痛くないけれど、終わると痛い。


再度来院。


地区の大会で最優秀選手賞を貰う。

50メートル走を全力で走ったが、

腿の筋肉痛だけで膝は何ともない。

目指せ「日本一」


オスグッド病全快インストラクター 松村綾子


皆様もご自愛くださいませ。


自然形体療法で健康を回復させませんか。
お気軽にご相談ください。

痛くしない優しい心地良くて痛みが取れると
口コミで評判の超整体自然形体療法。


新潟県三条市一ノ門2−14−7
(有)丸山予防医術研究所
予約方法施術料金持ってきて頂きたい物
電話0256−33−6480

あなたの辛い痛みは
丸山予防医術研究所
痛み解消インストラクタ―
松村綾子にお任せください。


自然形体療法師
痛解消インストラクター
アスリート・トレーニング・ケア・インストラクター
元呼吸器・消化器・内科外科、耳鼻科看護師
松村綾子

膝の痛みが取れた方の報告です。


中学生 男子 バレーボール部

膝の痛み、

オスグッド病・成長痛、

ジャンパーズニー、

足首の痛み、

腰の痛み、

肩の痛み、

全身疲労、

これらを克服した。

県大会優勝。

北信越大会優勝。

全国大会で、優勝校から得点を奪ったのは


このチームだけ。

だから、実質全国準優勝!

以前は実力はあったものの、

痛みを我慢して練習していたために、

実力を出し切れなかったこともあった。

丸山予防医術研究所で、


痛みの解消・


疲労の回復・

関節可動域拡大・


筋力増強・


自己トレーニング法の指導

を行い、メキメキと実力を発揮。

最優秀選手に選ばれたこともあった。

急激に本領発揮したために


相手チームからはノーマーク。

チームの隠し玉として全国大会でも大活躍。

「良く頑張ったね!


りょうこ先生からは金メダルを贈呈!

お母さんもお疲れ様でした。

お母さんの愛情が選手を育ててくれました。」

皆様もご自愛くださいませ。


自然形体療法で健康を回復させませんか。
お気軽にご相談ください。

痛くしない優しい心地良くて痛みが取れると
口コミで評判の超整体自然形体療法。


新潟県三条市一ノ門2−14−7
(有)丸山予防医術研究所
予約方法施術料金持ってきて頂きたい物
電話0256−33−6480

あなたの辛い痛みは
丸山予防医術研究所
痛み解消インストラクタ―
松村綾子にお任せください。


自然形体療法師
痛解消インストラクター
アスリート・トレーニング・ケア・インストラクター
元呼吸器・消化器・内科外科、耳鼻科看護師
松村綾子

高校生 陸上部員

短距離走 幅跳び選手

走っている時とジャンプした時に、

ふくらはぎの内側が痛い。

大会が近いのに、痛みのため、

思うように練習に打ち込めない。

大会が2週間後に迫っている。

ネットで調べて、

シンスプリントだと思い

丸山予防医術研究所受診。


ふくらはぎの内側が腫れて鈍痛がある。

幅跳びをする時に踏み切る方の足が痛い。

自然形体療法の治療で、見る見る腫れが引いてきた。

足に微熱があったけれど、左右同じ温かさになった。

ジャンプしてみると、

「あー、痛くない。

治療した方の足が軽い。

全然違う。」と、

ピョンピョンピョンピョン・・・・・。

もう片方の足も疲労をとる。

「ダッシュしてイイですか?」

「どうぞ。」

ダダダダダダダダー。

流石、陸上部、速い。

「全然痛くないです。」

見ていた母親は目を丸くし、

「本当?」

「自己ベストが出そうだよ。」

「疲労を取ると、

自分の本来の力が出せるようになります。」

「お母さん、新しいスパイク買って。」

「昨日まで、もう引退しようかなと、落ち込んでいたじゃんじゃないの。」

「よーし、インターハイ、優勝目指すぞー。」


新潟県三条市一ノ門2−14−7

(有)丸山予防医術研究所 

0256−33−6480



このページのトップヘ