痛み痺れを根本解決!新潟県超整体自然形体丸山予防医術研究所 

身体を知り尽くしたりょうこ先生が、痛み・しびれ・浮腫み・可動不良の原因を追求。痛みを伴わない、安心・安全な自然形体療法で自然治癒力を超える回復力を引きだす。個別の再発防止法を指導。さらに関節の可動域を広げ、筋力を増強させ、運動能力を向上させる筋トレ・ストレッチ方法を指導。治療経験豊富なりょうこ先生があなたの健康をサポート。  

タグ:介護疲れ

股関節の痛みが取れた方の報告です。


40歳代 女性 事務職

股関節が痛い。

腿の付け根が痛い。

歩くと股関節が痛い。

前屈時に腿の付け根が痛い。

同僚の勧めで
丸山予防医術研究所へ。

自然形体療法で施術。

身体が捻じれている。

骨盤が捻じれている。

外腿がカチカチに張っている。

休日を返上して仕事をしている。

親の介護をしているので、睡眠時間が少ない。

背中がパンパンに張っていたので、

「胃の調子は良かったですか?」

と尋ねると、

「胃が痛んだので病院で胃カメラを飲みましたが、

何ともないと言われました。

今も食欲がありません。

如何して分かるのですか?!」

股関節と骨盤の捻じれを直す。

「あれ?!歩いても屈んでも股関節が痛くない?!

体の重心が今までと違って違和感がありますが、

これが正しい位置ですよね。」

足全体の筋肉疲労を取る。

「足が3センチも伸びた感じです。

足が温かくなりました。

あれ?

腿のパンパンとした感じが取れてスラッとしました。」

背中と首の筋肉疲労を取る。

「あ〜、肩が脱力出来ます。

眠りも浅く、朝起きても疲れていました。

今日はよく眠れそうです。

胃の辺りが温かくなりました。

お腹が空いてきました。

顎のカクカクした音がしません。

噛み合わせがピッタリになりました。

あ〜、気持ち良い、生き返りました。

これでまた元気に介護が出来そうです。」

「頑張りすぎないように頑張って下さい。

何時でも元気の充電をいたします。

親孝行娘を応援いたします。」


「家族で良く頑張りました。


お大事に。」



自然形体療法で健康を回復させませんか。
お気軽にご相談ください。

あなたの辛い痛みは
丸山予防医術研究所
痛み解消インストラクタ―
松村綾子にお任せください。


痛くしない優しい心地良くて痛みが取れると

口コミで評判の超整体自然形体療法


新潟県三条市一ノ門2−14−7
(有)丸山予防医術研究所
予約方法施術料金持ってきて頂きたい物
電話0256−33−6480
自然形体療法師
元呼吸器・消化器・内科外科、耳鼻科看護師
松村綾子
痛解消インストラクター



2010,10 027
ガッツリと

すき焼き弁当

(^u^)



肩の痛みが取れた方の報告です。


60歳代 女性 事務職 自宅介護

肩が痛い。

背中が痛い。

腰が痛い。

腹が張る。

身体がだるい。

寝ても疲れが取れない。

5年前から自宅で介護をしている。

昼間はデイサービスを利用している。

夕方仕事が終わってから、食事などの世話をする。

睡眠不足とストレスと疲労が限界。

家族の勧めで丸山予防医術研究所へ。

背骨が歪んでいる。

腰の骨が後ろに飛び出している。

猫背になっている。

肋骨が歪んでいる。

骨盤が歪んでいる。

手足が浮腫んでパンパンに張っている。

背中とお腹がカチカチに張っている。

自然形体療法で施術。

マザーキャットで背骨の歪みを取る。

「背中が伸びて気持ちがイイです。」

骨盤の歪みを取る。

「出っ張った骨が無くなりました。

今まで仰向けになれませんでした。」

マザーキャットクッションで全身の筋肉の緊張を取る。

「あ〜、気持ちイイです。

寝てしまいそうです。」と、

寝息を立てて眠っている。

治療が終わり、そっと毛布を掛ける。

30分後、

「あ〜、寝た〜。スッキリした〜。

いつの間にか寝てしまいました。

疲れが吹っ飛びました。

あれ、手足が細くなっています。

ブヨブヨは何処へ行ったのですか。

腹も引っ込みました。

身長が3センチくらい伸びた感じです。

また、家で頑張ります。

また疲れたらお願いします。」

「お疲れ様です。

頑張りすぎないように、頑張って下さい。」


介護をされている方、お疲れ様です。

愛情と根気と体力のいる仕事を頑張っていらっしゃいます。

たまには一服しませんか。

自然形体療法で身体の疲れを取りませんか。

身体の芯から疲れを取りますので、

また元気に介護できるようになります。



自然形体療法で健康を回復させませんか。
お気軽にご相談ください。

あなたの辛い痛みは
丸山予防医術研究所
痛み解消インストラクタ―
松村綾子にお任せください。


痛くしない優しい心地良くて痛みが取れると

口コミで評判の超整体自然形体療法。


新潟県三条市一ノ門2−14−7
(有)丸山予防医術研究所
予約方法施術料金持ってきて頂きたい物
電話0256−33−6480
自然形体療法師
元呼吸器・消化器・内科外科、耳鼻科看護師
松村綾子
痛解消インストラクター


2010,9 002羽二重餅とクッキー

御馳走様です。

(^u^)









 

介護疲れが取れた方の報告です。


50歳代 女性 自営業事務職


肩が凝る。

首が凝る。

頭が重い。

腰が痛い。

身体がだるい。

夫がぎっくり腰で4日間寝たきりだった。

今までは家のことは夫婦で分担していた。

それが一気に妻だけの負担になり、

夫の介護も加わった。

自営業なので、


仕事の書類を自宅の夫の寝床まで運び、

仕事の指示を貰う。

寝たまま御飯を食べさせる。

初めて尿瓶を買って来て使った。

大変骨の折れる作業だ。

丸山予防医術研究所へ来て、


夫はグングン良くなった。

懇ろにお礼を言って来てくれと、伝言された。

その元気な姿を見て、


ホッとして疲れがドッと出た。

自然形体療法で疲れが取れた。

「介護って本当に大変なんですね。

4日間だけでこんなに疲れるなんて


思っていませんでした。

一生続く家の方は、さぞ大変なことでしょう。

今回のことで将来の心構えが出来ました。

健康が何よりです。

これからも家族でより健康になるために、

こちらにお世話になりますので、宜しくお願いします。」

と、深く頭を下げられた。

「畏まりました。御家族の健康を支えます。」


自然形体療法で健康を回復させませんか。
お気軽にご相談ください。

あなたの辛い痛みは
丸山予防医術研究所
痛み解消インストラクタ―
松村綾子にお任せください。


痛くしない優しい心地良くて痛みが取れると
口コミで評判の超整体自然形体療法


新潟県三条市一ノ門2−14−7
(有)丸山予防医術研究所
予約方法施術料金持ってきて頂きたい物
電話0256−33−6480
自然形体療法師
元呼吸器・消化器・内科外科、耳鼻科看護師
松村綾子

痛解消インストラクター

当研究所は症状根本回復専門の施術院です。
痛み・諸症状に悩むお一人お一人に合わせた
完全オーダーメイドの施術院です。
無痛の根本療法の自然形体療法を用いて、
痛み・諸症状に対し、優しく、そーっと、
ゆっくりと、大切に、施術します。
生まれたての赤ちゃんを寝かしつける様だ
と言われます。
赤ちゃんにもお年寄りにも
安心・安全・安楽な
根本治療の自然形体療法です。
施術の途中で眠ってしまう方もおられます。



頭痛 腰痛 肩こり 耳鳴り 坐骨神経痛 更年期障害 冷え性 
ぎっくり腰 リウマチ 花粉症 自律神経失調症 脳梗塞後遺症
四十肩 五十肩 生理痛 O脚 X脚 高血圧 低血圧 貧血 
めまい 喘息 咳 痛風 ガングリオン ヘルペス(帯状疱疹痛)
湿疹 痒み アトピー性皮膚炎 アレルギ−性皮膚炎 金属アレルギー 
アレルギー性紫斑病 まぶたの裂傷 眼精疲労 ドライアイ 顔面痙攣
頬の腫れ 顎関節症 顎の歪み 歯痛 口の渇き 咽喉の痛み
首の痛み 背中の痛み 肩の痛み 肩の脱臼 腕、肩の打撲 
テニス肘 野球肘 肘痛 脇下の痛み 腱鞘炎 手首の痛み 突き指
指の痛み 頚椎椎間板ヘルニア 腰椎椎間板ヘルニア
脊椎側彎症 脊柱管狭窄症 脊椎分離症の痛み 腰椎すべり症 
鼠径ヘルニア 脱腸 股関節症 大腿骨骨頭壊死 変形性股関節症 
先天性臼蓋形成不全 変形性膝関節症 半月板損傷 尿酸性膝関節炎 
捻挫の痛み 下肢の痛み 足の痺れ 関節の痛み 
交通事故後遺症 むち打ち症 打撲後遺症 打撲のこぶ 
パーキンソン 甲状腺機能障害 成長痛 オスグット病 有痛性外脛骨
シンスプリント 内臓不調 心臓病 狭心症胃潰瘍 夜尿症 
寝違え 筋肉痛 スポーツ障害 肉離れ 手足の痺れ むくみ 静脈瘤 
疲労回復 不眠症 全身倦怠 過食症 拒食症 無気力 集中力不足
いらいら ほてり 不安感 焦燥感 落ち着きがない 脱力感 
事故後遺症 つわり 逆子 切迫早産 不妊症 不育症 
その他慢性痛 急性痛 
姿勢改善 背骨矯正 骨盤矯正 頭蓋骨矯正 小顔矯正 等々

長い間の痛みや痺れなどでお困りの方、
あなたの家族や友人がおられましたら、
御相談下さい。


心因性、
ストレス性、
体重のせい、
体質のせい、
遺伝のせい、
年のせい、
生まれつきだから、
親に似たから、
更年期だから
もう年だからと、
諦めていませんか?
諦めるのは未だ早い!
生きている限り回復します!
望みを捨てないで!
本来の健康を取り戻す手助けは
丸山予防医術研究所でどうぞ。   


このページのトップヘ